• <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

      1. <label id="ltmo2"></label>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > テーマ別特集一覧

            FEATURES of THEMEテーマ別特集一覧

            「テーマ別特集?#24037;稀?#26085;経Goodayのコンテンツを「ダイエッ?#21462;埂?#33136;痛?#24037;勝嗓違譬`マごとに編成しなおしたものです。
            新着記事が次々と追加されるだけでなく、配信済みの過去記事も最新情報を反映してアップデー?#21462;!?#38543;時更新される専門書?#24037;趣筏皮?#21033;用いただけます。ぜひ注目テーマをブックマークしてお役立てください。

            有料会員になる?#21462;?#37749;つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

            • 「股関節?#24037;?#20840;身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右?#24037;?/em>

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力?#24037;?#32173;持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

            • 「糖尿病?#24037;?#20104;備群のうちに手を打つ

              話題の「食後高血糖?#24037;洹?#34880;糖値スパイク?#24037;盲疲?気になる最新情報を総まとめ

            • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

              年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラ?#24037;搿ⅳ瑜?#30496;れないという症状が表れる。こうした状態を放っておく?#21462;?#36523;体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

            • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質?#24037;?#27491;しい摂取法

              最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき?#24037;趣い?#24847;識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されているこ?#21462;ⅳ餞筏?#30693;っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

            • あなたの腎臓、大丈夫? 急増?#24037;?#24930;性腎臓病を防ぐ

              普段あまり意識?#24037;毪長趣?#23569;ない?#25913;I臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われる?#21462;?#22338;道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い?#24037;幛毪摔悉嗓Δ工欷肖いい韋?#37325;要ポイントをまとめた。

            • もの忘れと将来の認知症の関係は?

              「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介?#24037;搿?/p>

            • 健康寿命を左右?#24037;搿?#20840;粒穀物と食物繊維?#24037;?#25666;取方法

              今、世界的に「全粒穀物?#24037;?#20581;康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維?#24037;饋?#39135;物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響?#24037;毪玀韋?#36605;視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

            • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

              これまで多くの人の命を奪い、「死の病?#24037;扦ⅳ盲?#32963;がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

            • 寝ても取れない疲れを取るには?

              「疲労大国?#24037;趣い銫欷?#26085;本。「頑張って仕事を?#24037;欷小ⅳⅳ?#31243;度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない?#24037;勝嗓人激盲皮い?#20154;も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けている?#21462;?#30693;らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない?#24037;趣い?#29366;態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

            • つらい筋?#21435;?#19981;要? 効率的に「お?#24037;?#20985;ませる」?#21435;颮`?#34928;螗?/em>

              薄着の季節になる?#21462;?#20309;かと気になる“お?#24037;荬盲長輟薄?#30701;期間で何とか解消したい!?#20154;激?#20154;は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動?#24037;毪韋悉膜槨い貳?#36939;動?#24037;?#26178;間を確保?#24037;毪韋?#22823;変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン?#24037;取?#29483;背姿勢の改善?#24037;恰挨荬盲長轆?#33145;”を解消していこう。

            • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

              日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当?#24037;毪趣い銫臁?#22899;性でも更年期以降に増加?#24037;搿?#39640;血圧」。「少し高いだけだから?#24037;人激盲?#23550;策を先延ばしにしている?#21462;?#34880;管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こ?#24037;郅ⅴ藥`?#21435;伐紲氓摔瑜?#31361;然死などの原因にもなる。

            • 長年の悩み「腰が痛い?#24037;?#35299;決?#24037;?/em>

              ?#20449;趣?#38750;常に多くの人が悩むのが「腰痛?#24037;饋¥盲?#33136;のように、痛みは強いが原因が分かりや?#24037;い玀韋?#23550;策しや?#24037;い?#21839;題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

            • 痛風?尿酸値の「そこが知りたい」

              多くの男性が気に?#24037;搿?#30171;風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ?#24037;勝傘ⅳい恧い恧省?#24120;識”が知られているが、これらの常識が?#24037;伽?#27491;しいわけではない。

            • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

              肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器?#24037;坤堡ⅳ盲啤?#32925;機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…?#24037;?#25918;置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識?#24037;頦蓼趣幛俊?/p>

            • 働き盛り?#26469;?#35186;う「大腸がん」

              数あるがんの中でも、ミドル以上のビジネスパーソンが最も気に?#24037;毪螭稀?#22823;腸がん?#24037;坤恧Α?#36817;年、大腸がんの増加が問題になっており、毎年約5万人もの人が大腸がんで命を落としている。しかし、大腸がんは早期発見であれば治る確率が高いがんでもある。だからこ?#20581;?#26089;期発見がとても重要となる。本テーマ別特集では、大腸がん検査の最新事情、?#20013;g法、そして大腸がんを遠ざける食生活について紹介していく。

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)?#24037;?#20250;員登録?#24037;毪?..

            • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事が?#24037;伽?#35501;める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間
          1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

              1. <label id="ltmo2"></label>