• <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

      1. <label id="ltmo2"></label>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 中野ジェームズ修一 金スマで話題!「血糖値を下げる運動」誕生秘話!
            印刷

            中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

            中野ジェームズ修一 金スマで話題!「血糖値を下げる運動」誕生秘話!

            有酸素運動と筋トレを組み合わせたエクササイズで糖尿病予防

             松尾直俊=フィットネスライター

             体の健康を保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一さんに、遠回りしない、結果の出る健康術を紹介してもらおう。
             今回は、血糖値を効果的に下げる運動について。

            中野さんが考案した血糖値を下げるエクササイズでは、椅子に手をかけてバランスを取りながら、スクワットや膝上げをリズミカルに繰り返していく。
            [画像のクリックで拡大表示]

            食後に有酸素運動を行うと血糖値が下げられるのだが…

             厚生労働省の「国民健康?栄養調査(2016年)」による?#21462;?#20840;国で糖尿病の人は約1000万人、その予備軍も約1000万人と推計されている。それだけ身近な病気だけに、健康診断で医師に「糖尿病予備軍ですね、運動しましょう」と言われたことがある人も多いだろう。

             糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、それが原因となって血管?#34928;昆岍`ジが与えられる病気だ。「ブドウ糖は体を動かすためのエネルギーになります。運動すれば、血液中のブドウ糖が筋肉で大量に消費され、血糖値が下がるのです」とフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは解説する。

             それでは、いつ、どのような運動をすれば血糖値を下げられるのだろうか。

             「食事をすると血糖値が高くなるので、食後に運動するといいでしょう。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすれば血糖値を下げられますが、筋肉の量が増えればより多くの糖を消費できるので、併せて筋トレにも取り組みたいところです」(中野さん)

             だが、忙しい人が毎食後に有酸素運動をやり、それに加えて筋トレまで行うのはなかなか難しい。そこで中野さんは、5分でできる有酸素運動と筋トレを組み合わせたエクササイズを考案した(関連記事「中野ジェームズ修一直伝! 血糖値を下げる5分間エクササイズ」)。

             そして、このエクササイズを解説した書籍『 医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)も好評だ。

            医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

            1/3 page

            最後へ

            次へ

            RELATED ARTICLES関連する記事

            からだケアカテゴリの記事

            カテゴリ記事をもっと見る

            FEATURES of THEMEテーマ別特集

            • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレー?#34928;螗挨?#21177;く!NEW

              トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

            • ?#34892;預?#28961;関係ではない骨粗鬆症、飲酒?喫煙?高血糖?#33181;轔攻?/em>

              骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが?#33145;?#31895;鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによる?#21462;?#26085;本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、?#34892;預?#24739;者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

            • ?#33145;?#38306;節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特?#26494;?#21322;身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

            テーマ別特集をもっと見る

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

            • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間

            NIKKEICopyright ? 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.

            彩票中奖怎么领取奖金
          1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

              1. <label id="ltmo2"></label>

                  1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

                      1. <label id="ltmo2"></label>