• <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

      1. <label id="ltmo2"></label>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > からだケア  > [PR]女性は常に“ホルモン変動の波”にさらされ?#30382;い?/span>
            印刷

            [PR]女性は常に“ホルモン変動の波”にさらされ?#30382;い?/h1>

            男性の理解で女性のパフォーマン?#24037;?#21521;上

            「女性の部下がどんよりし?#30382;い搿埂?#22971;がイライラし?#30382;い毪ⅳ嗓?#23550;処したらいいかわからない?#20379;ぉぁ¥長螭?#24745;みを抱える男性に、問題解決のヒントを与え?#30382;欷毳互攛施`「“男性のための”、女性の健康講座」(主催:日経Goody、広告協賛:バイエル薬品株式会社、後援:公益社団法人 日本産科婦人科学会)が、2019年2月28日、東京?千代田区の御茶ノ水トライエッジカンファレン?#24037;摔い?#38283;催され?#20426;?br>  セミナーは2部構成で、前半は東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座教授?大須賀穣氏の基調講演、後半は日経Goody編集長?寺西芝が聞き手を務めた大須賀氏とのトークセッションが行われ、会場からの質問も受け付け?#20426;?#20250;場には40~50代のビジネスマンが詰めかけ、質疑応答では次々に手が上がるなど、関心の高さをうかがわせ?#20426;?

            月経にま?#33180;銫?#30151;状は、低用量ピルが選択肢に

             前半の基調講演で大須賀氏は、月経とホルモンの関係や体調管理の重要性に?#33180;い?#35486;っ?#20426;?#30171;みなどの症状が強い場合は産婦人科を受診し、低用量ピルなど、その人に合った薬の処方を受ける?#21462;?#30151;状を改善できるという。

             講演の冒頭、富士山を背景に大波がせり上がる絵がスクリーンに映し出され?#20426;?#33883;飾北斎の「富嶽三十六景神奈川沖浪裏?#24037;饋¥餞長?#22823;須賀氏は「女性の一生は波乗りの連続?#24037;趣い?#25991;字を重ね?#20426;?#22899;性は初経を迎える12歳頃から、閉経を迎える50歳頃まで、常に“ホルモン変動の波”にさらされ?#30382;い耄?#22259;?#20445;¥餞筏啤?0歳前はホルモンの分泌が高いことが、50歳頃以降はホルモンの分泌が低下?#24037;毪長趣?#24515;身のバラン?#24037;?#22823;きな影響をもたらし?#30382;い耄?#22259;2)。このことを理解しない?#21462;?#22899;性の健康問題は語れないと大須賀氏は強調?#24037;搿?

            【図1】女性は常に“ホルモン変動の波”にさらされ?#30382;い耄?#25552;供:大須賀穣教授)
            【図2】女性のホルモンレベルの変化と病気、キャリアの関係(出典:「女性の健康と働き方マニュアル」NPO法人女性の健康とメノポーズ協会)

             女性の身体は、周期的に変化?#24037;搿%邾毳猊螭?#20316;用により、 卵巣で?#19979;?#32990;が発育?成熟し、14日目頃?#23546;?#23376;を放出?#24037;搿¥長欷?#25490;卵という。この排卵日の1~2日前に性行為を行うと妊娠しや?#24037;ぁ?

             排卵後の卵胞は黄体に変化し、排卵後14日頃に退化?#24037;搿?#23376;宮内膜はいったん妊娠に備えた状態になるが、妊娠しなかった場合、はげ落ちて血液とともに子宮口から排出される。これが月経である。

             こうした一連のサイクルの中で、卵胞はエストロゲン、黄体はプロゲステロンというホルモンを分泌?#24037;搿¥長?種類のホルモンの分泌が増減?#24037;毪郡帷?#22899;性の体調にさまざまな影響がもたらされる。

             例え?#23567;?#26376;経前になる?#21462;ⅴぅ楗ぅ槨筏郡輟?#20083;房や腹部が張ったり?#24037;搿¥長韋瑜Δ手?#29366;が強くあらわれ、日常生活に影響?#24037;毪玀韋頡?#26376;経前症候群(PMS)?#24037;趣いΑ¥蓼俊?#26376;経中に下腹部痛、腰痛などに悩まされる場合は「月経困難症?#24037;趣いΓ?#22259;3)。このような月経周期に伴っ?#30382;ⅳ槨銫欷?#30151;状を、まとめて「月経随伴症状?#24037;群簸幀?

            【図3】月経周期に伴っ?#30382;ⅳ槨銫欷?#30151;状(月経随伴症状)(出典:バイエル薬品(株)「My Body & Cycle」監修:種部恭子)

             これらの症状に悩む場合は、「産婦人科を受診し低用量ピルを処方し?#30382;玀槨Δ取?#26376;経に関連?#24037;?#19981;快?#25163;?#29366;を改善できる?#24037;?#22823;須賀氏は話す。低用量ピルは、エストロゲンとプロゲスチンの2種類の女性ホルモンを含有し?#30382;輟?#36991;妊を適応に持つ薬剤?#21462;?#26376;経困難症治療薬として使用されるものがある。避妊薬とし?#30382;扦悉勝?#26376;経困難症に使用される低用量ピルがあることは、日本ではあまり知られ?#30382;い勝ぁ¥勝?#26376;経後からの数日間は、ホルモンの変動が少ないことから、女性は仕事に集中しや?#24037;い趣いΑ?

             20~40代の女性は、月経量の増加や月経痛が生じる「子宮筋腫?#24037;洹?#30171;みに加えて不妊症の原因ともなる「子宮内膜症?#24037;摔?#27880;意が必要だ。ま?#20426;?#20307;外受精を含む不妊症の治療を受ける場合、女性の負担が大きいため、仕事と両立しにくいという問題点があると大須賀氏は指摘?#24037;搿¥長韋郅ⅰ?#23376;宮頸がん?#24037;?#26089;期発見のためには、20歳から2年に1回、自治体から届?#30274;o料検診券を活用?#24037;毪趣瑜い瑜Δ饋?

            更年期障害には、ホルモン補充療法が有効

             50歳前後の女性を悩ま?#24037;韋?#26356;年期障害だ。さまざま?#25163;?#29366;があらわれるが、産婦人科を受診し、ホルモン補充療法を受ける?#21462;?#19981;快?#25163;?#29366;を緩和できるという。

             女性はおおむね50歳前後で閉経を迎えるが、閉経の前後5年、計10年を更年期という。女性は更年期になる?#21462;ⅳ丹蓼釘蓼?#24515;身の不調を経験?#24037;搿¥長欷?#26356;年期障害?#24037;扦ⅳ搿?

             更年期障害の原因は、閉経とともにエストロゲンの分泌が急激に低下?#24037;毪長趣摔ⅳ搿%ē攻去恁播螭?#27611;髪、皮膚、血管、コレステロール、子宮、免疫、乳腺など全身に作用し?#30382;い毪郡帷ⅳ長?#20998;泌が急激に低下?#24037;毪取ⅳ餞?#24433;響も全身にあらわれる。

             なかでも多いのが、顔がほ?#30382;搿?#27735;をかきや?#24037;い趣い盲?#30151;状だ。「接客中の女性が、急に顔がほ?#30382;盲郡輟?#27735;をかいたりして困ったという話をよく聞く?#24037;?#22823;須賀氏は話す。ま?#20426;?#23517;付きが悪い、眠りが浅いといった睡眠に関?#24037;?#30151;状や、イライラ?#24037;搿ⅳΔ膜摔勝毪趣い盲?#31934;神症状、肩こり、頭痛などの症状もよくみられるそうだ。

            東京大学の産婦人科学講座教授?大須賀穣氏

             更年期障害では、仕事を休むほどではないが、職務遂行能力が低下?#24037;毪長趣?#29305;徴として挙げられる。このように、出勤し?#30382;い皮狻?#24515;身の健康上の問題により、パフォーマン?#24037;?#19978;がらない状態のことを「プレゼンティズム?#24037;趣いΑ¥蓼俊?#20307;調不?#28608;摔瑜?#27424;勤を余儀なくされる状態のことを「ア?#33437;互螗匹%亥唷工群簸螭扦い搿?

             更年期障害の診断?治療では、さまざま?#25163;?#29366;を点数化し、ある一定の点数に達?#24037;毪取?#27835;療の対象と?#28608;à耄?#22259;4)。その場合、ホルモン補充療法が効果的だ。「エストロゲンを補う?#21462;?#30151;状は?#30382;幛螭?#25913;善?#24037;搿?#21103;作用はゼロではないが、差し引きはプラス?#24037;?#22823;須賀氏。ホルモン補充療法を受けるには、産婦人科医による診察が必要となる。

            【図4】更年期によくみられる症状?#21462;?#35386;察の必要性を判断?#24037;?#25351;数(出典:小山嵩夫, 麻生武志, 更年期婦人における漢方治療: 簡略化した更年期指数による評価. 産婦人科漢方研究のあゆみ 1992; 9: 30-34. 診断と治療社より作成)

             一?#20581;?#20685;く更年期女性の健康意識調査では、「職場に相談できる態勢(雰囲気)がない?#24037;?#24863;じ?#30382;い?#20154;が46%、「更年期の不調で仕事を辞めたい?#20154;激盲郡長趣ⅳ搿工?0%といった結果が示され?#30382;い耄?#22259;5)。治療を勧めることも大切だが、職場の環境を整える必要もありそうだ。

            【図5】更年期障害と仕事への影響(NPO法人女性の健康とメノポーズ協会調査「働く更年期女性の健康意識調査」2015年6月)

             ま?#20426;ⅴē攻去恁播螭摔瞎切?#25104;を促し、骨吸収を抑える働きがある。閉経とともにエストロゲンの分泌が急激に低下?#24037;毪取?#39592;粗鬆症になりや?#24037;勝毪郡帷?#38281;経後の女性はとくに骨折?転倒に注意が必要となる。

            ●セミナーの「基調講演?#24037;?#20197;下から動画でご覧いただけます。

            1/2 page

            最後へ

            次へ

            RELATED ARTICLES関連?#24037;?#35352;事

            からだケアカテゴリの記事

            カテゴリ記事をもっと見る

            FEATURES of THEMEテーマ別特集

            • 女性の?#25913;?#28431;れ」「頻尿?#24037;摔?#39592;盤底筋トレーニングが効く!NEW

              トイレに行く回数が多い、くしゃみを?#24037;毪?#23569;し漏らし?#30382;筏蓼Α?#31361;然尿意に襲われて我慢できない…。女性?#25991;頦?#24745;みは、「頻尿?#24037;洹改?#28431;れ(尿失禁)?#24037;?#22810;いのが特徴だ。これらを改善?#24037;毪摔悉嗓Δ工欷肖いい韋坤恧Δ?/p>

            • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒?喫煙?高血糖はリスク

              骨がスカスカになっ?#30382;玀恧勝輟?#39592;折の危険性が増?#24037;韋腹?#31895;鬆症?#24037;饋?#24613;速な高齢化に伴って患者数が増え?#30382;輟?#26085;本骨粗鬆症学会などによる?#21462;?#26085;本における患者数は現在1300万人と推定され?#30382;い搿?#39592;粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られ?#30382;い搿?#26412;特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気を?#33180;堡郡?#29983;活習慣、そして骨を強く?#24037;毪郡幛?#23550;策までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

            • ?#33145;?#38306;節?#24037;?#20840;身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右?#24037;?/em>

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士を?#33180;勝?#38306;節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身を?#33180;勝?#32929;関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使され?#30382;い?#38306;節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力?#24037;?#32173;持に重要となっ?#30382;搿?#26412;特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

            テーマ別特集をもっと見る

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)?#24037;?#20250;員登録?#24037;毪?..

            • 1オリジナルの鍵?#33180;?#35352;事鍵?#33180;?#35352;事が?#24037;伽?#35501;める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間

            NIKKEICopyright ? 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.

            彩票中奖怎么领取奖金
          1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

              1. <label id="ltmo2"></label>

                  1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

                      1. <label id="ltmo2"></label>