• <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

      1. <label id="ltmo2"></label>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > 医療?予防  > トピックス  > 医師が語る、3月に自殺者が増えるのはなぜ?
            印刷

            トピックス

            医師が語る、3月に自殺者が増えるのはなぜ?

            自殺について考える(上)

             田村知子=フリーランスエディター

            3月は例年、月別自殺者数が最も多くなることから、厚生労働省は「自殺対策強化月間?#24037;?#23450;めている。3月に自殺者が増えるのはなぜか。人はどんなときに自殺を考えるのか。身近な人が「死にたい?#24037;?#35328;葉にしたとき、私たちはどのように対応?#24037;欷肖いい韋?#26085;本自殺予防学会理事長で、帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科教授の張賢徳さんにお話を伺った。前編では、3月に自殺者が増える要因や、人が自殺を考えるプロセ?#24037;摔膜い?#35299;説?#24037;搿?/p>

            3月の自殺には特有の心理が影響?#24037;?/h3>
            自殺を考え、実行してしまう人と踏みとどまる人の違いには、精神疾患の重症度のほかに、個人のパーソナリティーが大きく影響しているようです。写真はイメージ=(c)Felix Renaud-123RF

            3月は1年の中で最も自殺者数が多くなっています。なぜ、3月に自殺者が増えるのでしょうか。

             月別の自殺者数はその時代によっても変わってくるので?#24037;?#21402;生労働省が発行している「平成29(2017)年版自殺対策白書?#24037;巍?#26376;別自殺者数の推移?#24037;?#35211;る?#21462;?#36817;年はほとんどの年で3月、次いで5月に自殺者が多くなっていることが分かります。

            [画像のクリックで拡大表示]
            ※「平成29(2017)年版自殺対策白書?#24037;瑜?/div>

             この現象には、いくつかの要因が考えられます。一つは、3月は自殺につながりや?#24037;?#24515;理的な効果が働くことです。そもそも自殺を考える人のほとんどは困り事を抱えていて、精神科で診断がつくレベルのうつ状態になっています。これについては後で詳しく説明したい?#20154;激い蓼工ⅳ餞Δ筏?#31934;神状態にあるところへ、3月は年度末となることから追い立てられるような心境?#20282;?#36554;がかかり、「死?#36367;筏勝ぁ工趣い?#24605;いに駆られや?#24037;い韋扦埂?/p>

             さらに、年度末には現実的な問題が生じることも多くなります。例え?#23567;?#20250;社員の人では年度末は繁忙期でもあり、残業や休日出勤が多くなる?#21462;?#30561;眠などの心身を休める時間や、家族?友人とのコミュ?#34928;暴`ションの時間も十分に取れなくなります。自営業の人では、取引先への支払いや借り入れ金の返済を迫られるといった問題も起こってくる。そうした状況が「最後の一押し?#24037;趣勝盲皮筏蓼Δ長趣玀ⅳ轆蓼埂?/p>

            1/3 page

            最後へ

            次へ

            RELATED ARTICLES関連?#24037;?#35352;事

            医療?予防カテゴリの記事

            カテゴリ記事をもっと見る

            FEATURES of THEMEテーマ別特集

            • 「股関節?#24037;先?#36523;の要! 股関節の状態が健康寿命を左右?#24037;?/em>

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷?#24037;丹欷皮い?#38306;節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力?#24037;?#32173;持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙?#31169;B介?#24037;搿?/p>

            • 「糖尿病?#24037;?#20104;備群のうちに手を打つ

              話題の「食後高血糖?#24037;洹?#34880;糖値スパイク?#24037;盲疲?気になる最新情報を総まとめ

            • ?#34892;豫邾毳猊螭?#22679;やす5つのポイント

              年齢とともに、?#34892;豫邾毳猊螭?#20302;下から、体調が優れない、イライラ?#24037;搿ⅳ瑜?#30496;れないという症状が表れる。こうした状態を放っておく?#21462;?#36523;体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。?#34892;豫邾毳猊螭摔膜い?#27491;しく理解し、どのように生活習慣を改めれ?#24515;行豫邾毳猊螭?#22679;え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

            テーマ別特集をもっと見る

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)?#24037;?#20250;員登録?#24037;毪?..

            • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事が?#24037;伽?#35501;める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            日経Goodayマイドクター申し込み

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間
          1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

              1. <label id="ltmo2"></label>