• <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

      1. <label id="ltmo2"></label>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > からだケア  > あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

            BODY CARE あなたの疑問に専門家が回答! 健康Q&A

             「健康Q&A」では、日経Goodayの連載や特集でおなじみの医師や研究者、アスリー?#21462;ⅴ去颮`ナーなど、健康?医療のエキスパートの?#20581;─?#26376;替わりで登場! あなたの疑問やお悩みに答えます。

             記事を読んで疑問に思ったこ?#21462;ⅳ玀盲?#30693;りたいと思ったことなど、ぜひこの機会にご質問をお寄せください!

            腎臓病のエキスパー?#21462;?#26408;村健二郎先生が登場!

             2019年6月の回答者は、腎臓病のエキスパートとして知られる、JCHO東京高輪病院院長の木村健二郎先生です!

             木村先生は、腎疾患と高血圧を専門とし、日本腎臓学会『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013』改訂委員会の委員長を務めるなど、腎臓の病気のエキスパートとして知られます。デンマーク?コペンハーゲン大学、東京大学医学部付属病院治験管理センター副センター?、聖マリアンナ医科大学腎臓?高血圧内科教授などを経て、2014年にJCHO東京高輪病院院長に就任。病院経営のかたわら、腎疾患の患者さんの診療にも従事されています。

            木村 健二郎さん
            JCHO東京高輪病院 院長
             1974年東京大学医学部卒業。同大学医学部附属病院第二内科助手、講師、治験管理センター副センター長などを経て、2001年より聖マリアンナ医科大学腎臓?高血圧内科教授。2014年より現職。
             専門は腎臓病全般、高血圧。日本内科学会総合内科専門医?指導?#20581;?#26085;本腎臓学会専門医?指導?#20581;?#26085;本高血圧学会専門医?指導?#20581;?#26085;本腎臓学会『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013』改訂委員会委員長。

             健康診断で尿たんぱくクレアチ?#34928;?/b>、eGFR(推算糸球体ろ過量)の異常や血尿などを指摘されたことのある人、将来の腎障害や血液透析が心配な人など、この貴重な機会に、疑問に思っていることを木村先生に質問してみませんか? 回答は2019年6月後半に掲載いたします。

            【質問例】
            ?健康診断で尿たんぱくが陽性でした。特に気になる症状はないので、次の健診まで様子を見てもいいでしょうか?
            ?腎臓病の一歩手前だと医師に言われました。腎臓病にならないために、今からどんなことに気をつければいいでしょうか?

            木村健二郎先生への質問はこちらからどうぞ↓↓↓(質問募集期間:2019年4月26日~5月23日)



            !ご注意!

            • 質問はどなたでも可能ですが、回答記事を閲覧できるのは、日経Goodayマイドクター会員(有料会員)のみです。マイドクター会員についての詳細は、こちらをご覧ください。
            • 「あなたの症状に合う薬は〇〇です」など、医師の診断行為に該当するような個別?具体的な回答はできません。また、寄せられた質問のすべてに回答する企画ではございませんのであらかじめご了承ください。
            • 医師?看護師などの専門家に直接健康相談をしたい方は、24時間365日ご利用できる、「日経Goodayマイドクター 電話相談24」をご利用ください。ご利用できるのは、日経Goodayマイドクター会員に限られます。

             「日経Goodayマイドクター 電話相談24」のご?#25913;讠謳`ジはこちら

            有料会員になる?#21462;?#37749;つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

            1/3 page

            最後へ

            次へ

            FEATURES of THEMEテーマ別特集

            • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒?喫煙?高血糖はリスク

              骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによる?#21462;?#26085;本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

            • 「股関節」?#20808;?#36523;の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

            • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

              話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

            テーマ別特集をもっと見る

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

            • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            日経Goodayマイドクター申し込み

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間

            NIKKEICopyright ? 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.

            彩票中奖怎么领取奖金
          1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

              1. <label id="ltmo2"></label>

                  1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

                      1. <label id="ltmo2"></label>