• <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

      1. <label id="ltmo2"></label>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > スポーツ?エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 ランナーの安易な鉄剤注射はドーピングと同じ
            印刷

            有森裕子の「Coolランニング」

            有森裕子 ランナーの安易な鉄剤注射はドーピングと同じ

            医学的に必要なケースを除き、陸上界からの根絶を

             有森裕子=元マラソンランナー

             皆さんこんにちは。寒くなったり暖かくなったりを繰り返して、季節が少しずつ春に近づいてきましたね。

             3月3日には、真冬のような冷たい雨が降るなか、東京マラソン2019が開催されまし?#20426;?018年に男子マラソンで日本新記録(2時間5分50秒)を樹立した大迫傑選手(ナイキ?オレゴン?プロジェクト)は、残念ながら29km付近でリタイアとなりましたが、初マラソンの堀尾謙介選手(中央大)をはじめとした4人のランナーが新たに、2019年9月に開催されるMGC(マラソン?グランド?チャンピオンシッ?#20303;?#26481;京五輪マラソン代表決定レース)の出場権を獲得しまし?#20426;?

             さらに、3月10日に開催された名古屋ウィメンズマラソンでも、福?#32771;?#20195;子選手(ワコール)ら5人の女子選手が新たにMGCへの出場権を獲得しまし?#20426;?#35504;が五輪の切符をつかみ取るのか、ますます楽しみな展開になってきまし?#20426;?

            結果を出すための安易な鉄剤注射が高校駅伝で問題に

             さて、今回は2018年末に問題になっ?#20426;?b>ランナーの「鉄剤注射」について考えたいと思います。ご存じない方のために簡単に説明する?#21462;ⅳ長?#21839;題は、高校駅伝の一部の強豪校で、競技力向上のために、指導者や選手が不適切な鉄剤注射を行っていることが新?#21092;?#36947;で明らかになったというものです。

            長距離ランナーは鉄分不足から貧血になりやすい。(C)Wavebreak Media Ltd-123RF

             鉄分は、全身に酸素を運搬するヘモグロビン(血液中の赤血球に含まれる色素)の生成に不可欠な栄養素です。鉄分が不足する?#21462;ⅴ廿猊哎恁鷹螭?#21313;分に作られなくなって貧血(鉄欠乏性貧血)になり(*1)、動悸、息切れ、めまい、頭痛、倦怠感、疲れやすさなどが現れます。血液検査で鉄欠乏性貧血と診断される?#21462;?#39135;事ではとりきれない鉄分を錠剤や注射で補う治療が行われます。

             マラソンは有酸素運動と呼ばれるだけあって、走っている間は全身の筋肉が大量の酸素を必要とします。貧血で十分な酸素を運搬できなくなる?#21462;ⅴ駿ぅ啶?#33853;ちるため、貧血対策はランナーにとって死活問題と言えます。

             今回問題になったのは、駅伝の指導者が、十分な血液検査も受けさせないまま、走力アップのために、選手に安易に鉄剤注射を推奨していたことです。日本陸上競技連盟の調査によれば、鉄剤注射は近年、中学生ランナーにも広がっているそうです。

            *1 貧血はその原因によって鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、出血性貧血などがある。スポーツ選手に最も多いのは、鉄分不足によって起こる鉄欠乏性貧血。

            1/3 page

            最後へ

            次へ

            RELATED ARTICLES関連する記事

            スポーツ?エクササイズカテゴリの記事

            カテゴリ記事をもっと見る

            FEATURES of THEMEテーマ別特集

            • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!NEW

              トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

            • 男性?#37444;o関係ではない骨粗鬆症、飲酒?喫煙?高血糖はリスク

              骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによる?#21462;?#26085;本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる?#31169;Mみから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

            • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

            テーマ別特集をもっと見る

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

            • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間

            NIKKEICopyright ? 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.

            彩票中奖怎么领取奖金
          1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

              1. <label id="ltmo2"></label>

                  1. <blockquote id="ltmo2"><sup id="ltmo2"><i id="ltmo2"></i></sup></blockquote>

                      1. <label id="ltmo2"></label>